キャッシング表情
キャッシング表情
ホーム > 注目 > 摂取の負担を少なくしたい

摂取の負担を少なくしたい

不妊の原因と対策を考えるとき無視してはならないのはストレスです。

 

ストレスは生殖ホルモンの分泌を撹乱し、不妊症の様々な要因のスイッチ役となるからです。

 

また、周囲の期待感や気遣い、時間的制約による焦りが不妊治療とあいまってストレスになることもあり、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。

 

穏やかな気持ちで治療を続けることは赤ちゃんを授かるためには良いことだと思います。

 

少子化と同時に中にはいわゆる「産み分け」を意識する夫婦も増えつつあるようです。

 

しかし、日本の医学の現状では、まだ確実に産み分けが出来る方法は見つかっていません。

 

そういったことはよく分かっており、それでもなお諦めるわけにはいかないという事であれば次に書く方法を試してみてください。

 

どういう方法かというと、排卵日を基準に男の子がよければ当日、女の子がよければその2、3日前に性交渉を持つことが効果があると言われているようです。

 

ビタミンBの一種である葉酸は、色々な食べ物に含有しています。

 

例えば、フルーツの中では、代表的なものにイチゴやライチがあると紹介されています。

 

他の果物では、アセロラや柿、キウイフルーツもそうですね。

 

葉酸はビタミンの一種ですから、オレンジやレモンにも豊富に含まれています。

 

葉酸の摂取の負担を少なくしたいとお考えの場合は、オレンジジュースで補うのも問題ありません。

www.ditlantasbabel.net